クレーターニキビ跡にコラーゲンが効く!色素沈着には効果なし

クレーターニキビ跡にコラーゲンが効く!色素沈着には効果なし

ニキビ跡にコラーゲンが効くと聞いて本当なのかと疑問を抱く方はいるのでは?効く、効果がるといっても実は一部のニキビ跡には効きますが、一部のニキビ跡には効かないのです。

 

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には赤みタイプ、色素沈着タイプ、凹凸クレータータイプのニキビ跡があります。最もニキビ跡の症状が軽いものが赤みタイプで、逆にダメージが大きく最も治りにくいといわれるのがクレータータイプです。ですからこの凹凸クレータータイプのニキビ跡に泣く方が多いですね。

 

この凹凸クレーターニキビ跡ってかなりぼそぼそして肌が汚くなります。でこぼこした肌になって、なんとも痛々しいです。そのせいで、人からからかわれたり、可哀想な目で見られたり、時には酷い言葉を浴びせかけられたりするのです。本当にニキビ跡の中でも最悪な状態のものが凹凸クレータータイプなのです。

 

コラーゲンが効くニキビ跡とは

意外性かもしれませんが、ニキビ跡の種類の中でコラーゲンが効くニキビ跡は凹凸が目立つクレータータイプなのです。ぶつぶつの状態が酷いクレーターニキビはニキビ跡の種類の中で最も嫌なニキビ跡でしょう。

 

これにはコラーゲンが多少なりとも効きます。真皮の再生できなくなったくぼんだ部分を再生させてくれるのがコラーゲンだからです。逆にコラーゲンが効かないニキビ跡は色素沈着タイプ。このタイプのニキビ跡にはどうやってもコラーゲンは効きませんので、利用しても無駄に終わります。

 

凹凸ニキビ跡にコラーゲンが効く理由

コラーゲンには肌をふっくらさせる効果があり、これが凹凸になったニキビ跡に効くのです。真皮にまで到達するくらい凹凸したクレーターニキビ跡はコラーゲンを取り入れると、でこぼこ状態を緩和してニキビ跡を多少改善させます。

 

しかもコラーゲンには肌の保湿&再生機能があるので、凹凸したクレーターニキビを治す手助けをするのに最適なのです。凹凸クレーターニキビ跡にはこのような理由からコラーゲンを使いましょう。

 

ただし酷くなった凹凸クレーターニキビ跡にはコラーゲンを使っても完全に治すことは難しいです。しかるべきところで治療を受けなければ、コラーゲンは効いても凹凸のクレーターニキビ跡を目立たなくさせるくらいのものだと思ってください。

 

コラーゲンの摂取方法は?

コラーゲンを取る方法では飲むことや塗ることが思い浮かぶかと思います。コラーゲンたっぷりの食材やサプリやドリンク、それから化粧品はたくさん製品化されていますからね。しかし、コラーゲンをこれらの方法で取っても大して効果はありません。口からの摂取や皮膚からの摂取ではあまり効果が見られないのです。

 

ではどうしたらいいのかというと、コラーゲンを取り入れるためには体の中でコラーゲンを生成するための成分を取り入れるか、お肌にしっかり浸透してくれるタイプのコラーゲンを取り入れる方法を行うかこのどちらかです。現在は最新治療でお肌のコラーゲンの生成を促す治療というのがあるのです。そういったものにトライしてはいかがでしょう?

page top