自宅で簡単に!イオン導入でニキビ跡を早く消す方法

自宅で簡単に!イオン導入でニキビ跡を早く消す方法

ニキビ跡に効くスキンケアを使っているのに効果がでないとお悩みではありませんか。そんな場合はプラスアルファで、イオン導入をはじめてみてはいかがでしょうか。現在では自宅で簡単にケアができるイオン導入できる美顔器もあります。

 

イオン導入は保湿効果を高めるだけでなくニキビ跡の赤み、黒ずみなどを消したい人にも効果があるとされてます。そこで今回は自宅で簡単にケアできるイオン導入についてまとめてみました。

 

イオン導入を使えば化粧品の浸透力アップ

そもそもイオン導入とは電気の力をかりて化粧水の成分を肌おくまで届ける機械のことです。手やコットンでは届きにくい化粧水の成分が、イオン導入をすること肌の奥(真皮)まで届きます。

 

ニキビ跡に効くとされている成分を、肌の奥まで浸透させることができれば美しい肌を手に入れることができるわけです。現在は、美容サロンで施術ができるものや、自宅で簡単にケアできるものまで様々あります。

 

なぜイオン導入はニキビ跡になぜ有効なの?

ニキビ跡に必要な美容成分とは、ビタミンCが有効とされています。ビタミンCは炎症作用を抑える効果があるため、ニキビが出来やすく跡になりやすい人には積極的に使ってほしい成分です。

 

さらにこのビタミンCは、毛穴つまりを防ぐ効果も期待できるため、赤みが残るケースや凸凹としたニキビ跡にも向いています。イオン導入ときくとキレイな肌を目指すイメージがありますが、浸透させる成分の違いによってはニキビ跡を軽減させる作用もあるのです。

 

おすすめの使い方

実際の使い方ですが、本来のスキンケアに導入器をプラスして使うと扱いやすいでしょう。

  • 専用の化粧水をコットンに含ませる
  • コットンを導入器にはりつける
  • 電源をつけて肌に優しく当てる
  • 振動が始まったら肌の上を滑らせる

 

メリットは手軽に使えるところでしょうか。メーカーによっては、美容液や乳液なども浸透できるタイプもあります。肌を見ながら使ってみてはいかがでしょうか。

 

自宅で使う時のデメリット

自宅でイオン導入を使う場合、市販で販売されている化粧水は使わないず専用のジェルなどをおすすめします。化粧水の中には、どんなに機械を使っても肌の奥深くまで浸透しない成分もあります。コラーゲンやヒアルロン酸は粒子が大きいため真皮まではとどきません。一般の化粧水には防腐剤や香料が含まれているタイプも多いからです。

 

肌に負担がかかるものを使用するのは極力避けましょう。導入する成分が肌に合わない場合は赤み・湿疹・痒みが出るケースがあります。イオン導入を使用する時は、粒子が細かいとされる成分をえらぶことと専用の化粧水を準備しておくことがポイントです。

 

ワンランク上の肌を目指したい人向けのイメージがあるイオン導入です。使い方によってはニキビ跡をキレイにけすことは可能でしょう。美容クリニックでプロの人にお任せする方法もありますが、金銭的に余裕がない人は、自宅でも可能なタイプから始めてみてはいかがでしょうか。

page top