ニキビ跡を消すのにオロナインって効果あるの?

ニキビ跡を消すのにオロナインって効果あるの?

オロナインといえばひびやあかぎれ、切り傷や軽いやけどなど様々な症状に効果を発揮するということで長く親しまれている薬ですね。子供の頃から家に常備されていたという方も少なくないでしょう。

 

そんなオロナインがニキビに効果的という話は有名ですが、それならばニキビ跡にも効果があるのではないかと思うことがあるかもしれません。

 

残念ながらニキビ跡には効果なし

 

ニキビに効果があるのであれば、ニキビ跡にも効果があるだろうと思ってしまうのも無理はありませんが、残念ながらオロナインはニキビ跡には効果がありません。

 

そもそもニキビとニキビ跡ではできてしまうメカニズムが異なるため、ニキビという名称を冠しているからといってニキビ跡を改善できるという結論には至らないのです。

 

赤ニキビが原因でできてしまった赤みを帯びたニキビ跡には多少改善が期待できる可能性もありますが、劇的な改善やクレーター状のニキビ跡への効果は期待できないと思っておいたほうがよいでしょう。

 

ニキビには効果が期待できる

 

オロナインの効能にニキビと記載されていることからも分かる通り、ニキビ自体への改善効果は期待することができます。オロナインの主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液には抗菌作用があるため、ニキビの元ともいえるアクネ菌を殺菌することができ、ニキビを治すことができるのです。

 

また、オロナインにはオリブ油などの油分であったりグリセリンやワセリンといった保湿成分が含まれているため、肌の乾燥が原因となる白ニキビにも効果を発揮してくれます。

 

しかしオロナインは特にニキビケアに優れているわけではないため、クレーター状のニキビ跡になりやすい紫ニキビや赤紫ニキビと言われるニキビには効果が薄いという点には注意したほうがよいでしょう。

 

ニキビが悪化する可能性もあるので注意

 

オロナインをニキビに使用する場合、ニキビの種類や肌質によっては逆に悪化してしまう可能性があります。これはオロナインに含まれている油分が原因となるため、もし使ってみて一向に改善する様子がみられない、ひどくなっている気がするといったように思えたらならば使用を控えましょう。

 

また、オロナインには抗菌作用があるため、頻繁に使用すると肌に元々常駐している菌まで殺菌んしてしまったりと常駐菌のバランスが乱れてしまうことがあります。成分を見ると美容目的で使用したくなることもあるかと思いますが、あくまでニキビなどの改善という目的のみの使用がおすすめです。

 

ニキビ跡を残さないようにオロナインを活用する

 

オロナインはニキビ跡には残念ながら効果が期待できませんが、赤ニキビや白ニキビといった比較的初期状態のニキビであれば改善することができます。つまりニキビ跡を残さないための予防はオロナインでもできるということになるのです。

 

ニキビ跡というのは改善が難しいものであり、ターンオーバーを正したりピーリングをしたりといったセルフケアではなかなか完治することは難しいと言われています。このことからニキビ跡に対する最大の対策ははニキビを作らないことといってもよいでしょう。

 

無理に潰してしまったりしてニキビ跡を残さないように初期の頃からオロナインで対策をして、ニキビやニキビ跡跡知らずな肌をキープしたいものですね。

page top