ニキビ跡を作らない悪化させないためには「触らない」が重要だった

ニキビ跡を作らない悪化させないためには「触らない」が重要だった

 

ニキビ跡がどうしてできるのかというのは大きな疑問点ですよね。ニキビ跡さえ回避できれば、長らく肌荒れに悩むことはありませんからね。ニキビ跡はどうしてできるのかという原因やニキビに触らないことがどのような事態をもたらすのかご紹介しましょう。

 

ニキビ跡ができる原因を知っていれば、ニキビ跡を新たに作るのを回避したり、出来てしまったニキビ跡も早くきちんと治療することができるでしょう。

 

ニキビ跡ができる大きな原因

ニキビ跡ができる原因はニキビを悪化させてしまったせいだとご存じですか?実はニキビ跡というのは肌のダメージにより起こるもなのです。頻繁にニキビを触る・何かの拍子にニキビを潰すという2つの行動をした記憶はありませんか?

 

この2つはニキビ跡ができる大きな原因を作っています。スキンケアのときでも肌はあまり触らない方が良いと言いますが、これは確かな情報です。肌を触りすぎると手の雑菌が肌に付き、肌の炎症を悪化させてしまうのです。

 

ニキビを触るもの同様で、雑菌が付着するのでよくないのです。さらにダメなのがニキビの炎症を間違いなく悪化させる潰すという行為です。このようなニキビへの仕打ちが原因でニキビ跡いうのはできます。

 

ニキビは触らない、潰さないように

ニキビができたときは絶対に触らないでください。そうすることで、雑菌が増えることを抑止でき、ニキビ跡ができることを防げます。またニキビ跡は潰してもいけません。ニキビ跡の原因になる大きな行動がニキビを潰す行為なのです。これだけは禁止だと覚えておきましょう。

 

またニキビができたら放置して勝手に治るのを待つのではなく、ニキビの炎症を抑えるために行動してください。ニキビ跡のを作らないための秘訣は一刻も早くニキビの炎症を抑えることにあります。炎症を早期に抑えて、ニキビ跡に繋がらないようにニキビケアをしておきましょう。

 

できたニキビ跡を治す方法

しかしできてしまったニキビ跡はどうすればいいのかということも気になりますね。すでにできてしまったニキビ跡はそう簡単には治りません。けれど、できてしまったらもう一生治らないというわけではなく、ニキビ跡がいつの間にか治っていたということはあるのです。

 

ニキビ跡を治す重要な鍵は「肌のターンオーバー」です。できてしまったニキビ跡はこのターンオーバーで治す必要があります。人間の細胞は日々生まれ変わっているのです。その生まれ変わりをやってくれるのが肌のターンオーバーという作業であり、正常な状態でこのターンオーバーが機能していると、肌トラブルはしっかり治ります。ニキビ跡が治らないのはターンオーバーが上手く働いていないからなのです。

 

ターンオーバーをしっかりと機能させるには

ターンオーバーの悪化は睡眠不足・栄養不足・ストレス・血行不良・間違ったスキンケアなどが原因で起こります。こうなるとこのターンオーバーを正常化させないといけません。つまり原因の5つの現象を改善させればいいのです。

 

よく眠り、栄養をバランスよく取り、ストレスを発散し、血行改善のための行動をし、間違ったスキンケアは治しましょう。そうしたらニキビ跡は早く治ります。お肌をニキビ跡から守る方法は、事前に極力ニキビに触らないこと、そしてニキビ跡ができたらターンオーバーを改善することです。これを行っても治らないニキビ跡は病院などしかるべきところでご相談ください。

page top