色素沈着したニキビ跡、黒ずみを消す方法でおすすめは?

色素沈着したニキビ跡、黒ずみを消す方法でおすすめは?

ニキビはそれだけで厄介ですが、ニキビ跡が色素沈着を起こすとなおさらです。色素沈着してしまった場所によってはかなり目立ちますし、そのニキビ跡を消す方法もニキビ予防と並行して覚えておきましょう。

 

またニキビ跡の対処法はいくつもありますが、人によって合う合わないが大きいこともポイントです。皮膚科を頼ることも選択肢の一つですが、自己治療を行う場合は一つの方法だけを試して終わらないことも大切なのです。

 

肌の治癒力を高めターンオーバーを整える

 

これが最も分かりやすい方法ではないでしょうか。肌はターンオーバーが乱れるとニキビの原因になりますし、何より治癒力が衰えてしまうため色素沈着を引き起こしてしまいます。古い角質を新しい角質へと生まれ変わらせること、肌を再生させることでキレイでスベスベとした肌へ戻れるのです。

 

ターンオーバー機能を高める場合、忘れてはいけないのが保湿です。肌が乾燥など外部からの影響を受け続けているのでは、ターンオーバーは乱れがちになってしまいます。また、食生活など生活習慣に影響を受けやすいのでニキビができてしまったら跡にならないように生活習慣の改善をしていきましょう。

 

運動をしてデトックスする

 

一見関係がないように思えるかもしれませんが、ニキビ跡に運動は大切な対策になります。運動で汗をかくことで同じ皮脂が溜まり続けることなく、また老廃物も外に出せるデトックスになります。いきなり汗をかくほどの運動は辛いかもしれませんが、運動によるストレス軽減も可能なのでぜひチャレンジしてみましょう。

 

このストレスも、ニキビができる原因の一つであり、ターンオーバーを乱れさせる要因にもなります。ストレスを抱え込んだままでいると肌がどんどん弱くなってしまい、肌の免疫力が低下してしまうので、体調に合わせて少しづつ運動を行っていきましょう。

 

サプリメントで肌を整える

 

医師もおすすめすることの多いサプリメントは、ニキビ跡対策として効果的です。外部から治療するわけではないので直接的な効果の実感はないかもしれませんが、ビタミン群など体に不足しがちでかつ肌に影響を与えやすい成分を補給しやすくなります。特にビタミンBやビタミンCはニキビ対策に広く用いられる成分ですし、積極的に摂取したいところです。

 

また、これら成分は肌の炎症を防ぐ効果も期待できます。ニキビ跡の多くは炎症してしまっており、この状態を維持したままでいるとどんどん治療が難しくなっていきます。まだニキビ跡が初期段階で色素沈着もそこまでではない場合、サプリメントのみで治療することも十分考えられるのです。

 

ピーリングで古い角質を除去する

 

ピーリング効果とは、肌の角質の生まれ変わりを人工的に行う方法で、美容皮膚科などでも行われる方法です。自宅とクリニックでの違いとしては、まず自宅も行えること、市販薬でもピーリングできること、AHA石鹸など弱めのピーリングも可能なことなどがメリットとして挙げられます。

 

一方クリニックでの施術では、ケミカルピーリングのように強めのピーリングを行える、医師の診断のもと治療してもらえるので効果が高い可能性があることがメリットとなります。

page top